軽度と重度に分けられる早漏の分類

早漏には軽度の早漏や重度の早漏が存在します。
性的な刺激を受けて射精に至るまでの時間には個人差がありますが、適切な射精タイミングというものは一概になく、パートナー間で納得が得られれば、それが適切なものといえるでしょう。

しかし、射精に至るまでの時間があまりにも短すぎれば、それは深刻な問題に発展します。これがいわゆる早漏という問題で、男性個人のコンプレックスで終わる事なく、パートナー間の関係にも黒い影を落とす事があります。
射精の瞬間がコントロール出来なければ、相手女性は不満を覚えることでしょう。
また、それが何度も続くことがあれば、相手女性の不満は募るばかりです。

夫婦間で子供をもうけたい、いわゆる子作りとしての性行為の場合はことさら深刻な問題です。
女性側の体調が良くても、男性の方が早漏では、なかなか上手く子作りが進められず、絶好の機会を逃してしまいます。
子作りのタイミングというものは、一ヶ月の間にそう多くはありません。
上手く男性の方も体調を整えて、健康的な射精が出来るように備える必要があります。
また、子作りのためにと必要以上に精力が付くサプリメントや食品を、摂取していると返って、射精への期待が高まりやすくなり、結果的に性行為をスタートさせる前に、大量の射精を行ってしまい、そこで夫婦の営みが終わってしまう危険性があります。
精力を維持する事は大事ですが、過剰なサプリメント、健康食品は摂取は禁物です。

また、体質や健康状態にかかわらず、性行為の経験が少ないとどうしても男性の緊張感が取れず、射精をコントロールし難い部分が生まれます。
特に女性の身体に不慣れな男性は、ちょっとした行為で、射精に至ってしまうケースがあり、女性の方もまた注意した方が良いでしょう。
最初の間は激しい性行為やスピード感のある性行為に走らずに、ゆっくりとしたペースを守った方が賢明だと言われています。
さらに早漏と言っても、実は色々な段階があります。自分自身では正常だと思っていても、実際は早漏だったといパターンも珍しくありません。

明確な基準は定められていますが、一般的に性行為を始めてから、6分~9分程度で射精に至る男性は、早漏であると言われています。
中には1分ともたずに満足してしまう場合は重度の早漏です。
重度の早漏の場合、そのままでは相手女性と良い関係を築くのが難しいことが多いため、早漏改善薬を利用するなどして早漏を防止する努力をするようにしましょう。
また、軽度の早漏の方も早漏改善薬を利用することで、余裕をもって性行為に及ぶことが可能なため、一度利用してみることをおすすめします。

例え10分以上持続することができたとしても相手女性が満足していなければ意味を成しません。
相手女性が満足して果てる様を見るためにも、スーパーカマグラ等の早漏改善薬の利用は非常に有効な手段と言えるでしょう。