早濡防止の10種方法

早濡の人は、遅濡に憧れている場合が多いのではないでしょうか。以下は早濡防止の12種方法ですが、精力剤の服用だけでなく、早濡防止の簡単方法としてご参考だけになってください。

1、夫婦間の思想や感情の交流を強化し、わだかまりや誤解を解消すうと、夫に早漏を理解してあげて積極的治療をに協力してあげて、不良心理を克服するに役だつ。

2、同房の時間を変えること。人々は性生活を夜に手配するが、しかしもしそれを目覚めた時間にかえると、体が疲れすでに解消されて、精力が旺盛で、ガムをかんでいちゃつくと、きっと性交の品質を向上するでしょう。

3、ペニス抽出の幅とスピードを下げ、陰莖への刺激性を減少し、また女の方からみずから迎合動作をし、早いうちに、性高潮を達成し、双方満足を求められるでしょう。

4、夫婦と協力して、性交前に双方の情緒は正常かどうか、射精の速度に大きく影響する。緊張したりすると早漏になりやすい。性交MP身振りは大きすぎて、刺激の強度がつよいと、射精を加速するから、双方が協力しあう必要がある。いったん射精しなかったりすると、い相互責めたり、文句をいったりしないで、原因を見つけ、治療を協力する。

5、オナニーを避け、性交を節制すると、早漏の防止にやくだつ。性交が早漏から数時間後に前回の性交後の抑制状態を利用して射精を遅らせて、早漏を治療すると主張する人がいるが、やっぱり健康を妨害するから、常に適用できない。適切な体育活動を参加し、音楽を聞いたり、体を鍛えたり、情操を調節したりて、体質を強めて、早漏の予防に役立つ。

6、婚前性教育と指導に注意をすること。性解剖や性生活の知識を了解しておいて、正常な性交方法と性反応過程に了解と把握すること。過度に性生活をコントロールしないで、性生活回数が極端に少ないと、雄激素の釈放に不利です。

7、夫婦双方は正しく性に関しての知識を勉強し、理解し合う、男女間の生理反応性の差を了解し、誤解を解けて、性生活の必要性技巧を覚えること。

8、情緒の支持をしてあげる、偶然に早漏したら、女性が慰め、理解してあげて、配慮すべきです、男性に優しくしてあげて、恐怖や緊張や後ろめたい心理を克服するよう、愚痴、責めたり絶対しないこと。

9、生活に法則があることに注意すること、スポーツ鍛煉を強化、太極拳や散歩や気功などは全て自己心身健康と精神の調節に有利です。

10、エロ、おもいやいを避けて、過度の不良な習慣オナニーを克服し、性交が節制し、寝起きによい習慣をつける。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です