早濡防止の10種方法

早濡の人は、遅濡に憧れている場合が多いのではないでしょうか。以下は早濡防止の12種方法ですが、精力剤の服用だけでなく、早濡防止の簡単方法としてご参考だけになってください。

1、夫婦間の思想や感情の交流を強化し、わだかまりや誤解を解消すうと、夫に早漏を理解してあげて積極的治療をに協力してあげて、不良心理を克服するに役だつ。

2、同房の時間を変えること。人々は性生活を夜に手配するが、しかしもしそれを目覚めた時間にかえると、体が疲れすでに解消されて、精力が旺盛で、ガムをかんでいちゃつくと、きっと性交の品質を向上するでしょう。

3、ペニス抽出の幅とスピードを下げ、陰莖への刺激性を減少し、また女の方からみずから迎合動作をし、早いうちに、性高潮を達成し、双方満足を求められるでしょう。

4、夫婦と協力して、性交前に双方の情緒は正常かどうか、射精の速度に大きく影響する。緊張したりすると早漏になりやすい。性交MP身振りは大きすぎて、刺激の強度がつよいと、射精を加速するから、双方が協力しあう必要がある。いったん射精しなかったりすると、い相互責めたり、文句をいったりしないで、原因を見つけ、治療を協力する。

5、オナニーを避け、性交を節制すると、早漏の防止にやくだつ。性交が早漏から数時間後に前回の性交後の抑制状態を利用して射精を遅らせて、早漏を治療すると主張する人がいるが、やっぱり健康を妨害するから、常に適用できない。適切な体育活動を参加し、音楽を聞いたり、体を鍛えたり、情操を調節したりて、体質を強めて、早漏の予防に役立つ。

6、婚前性教育と指導に注意をすること。性解剖や性生活の知識を了解しておいて、正常な性交方法と性反応過程に了解と把握すること。過度に性生活をコントロールしないで、性生活回数が極端に少ないと、雄激素の釈放に不利です。

7、夫婦双方は正しく性に関しての知識を勉強し、理解し合う、男女間の生理反応性の差を了解し、誤解を解けて、性生活の必要性技巧を覚えること。

8、情緒の支持をしてあげる、偶然に早漏したら、女性が慰め、理解してあげて、配慮すべきです、男性に優しくしてあげて、恐怖や緊張や後ろめたい心理を克服するよう、愚痴、責めたり絶対しないこと。

9、生活に法則があることに注意すること、スポーツ鍛煉を強化、太極拳や散歩や気功などは全て自己心身健康と精神の調節に有利です。

10、エロ、おもいやいを避けて、過度の不良な習慣オナニーを克服し、性交が節制し、寝起きによい習慣をつける。

オナニーは早濡への影響

早濡はいまやほとんどの男性が抱えている一般的な悩み、特に若い人を中心に増加傾向にあります。早濡には様々な原因が考えられますが、ほとんどの人に共通しているのは、ずばりオナニーのやり方。

・早抜きオナニー

悪しき射精習慣とは、ずばり早く抜こうとすることです。意識的であれ無意識的であれ、オナニーで早くいく人は大体、早濡です。

何故、オナニーで早く抜こうとするのでしょうか。

1つは、10代の頃に親に見られないようにコソコソ隠れてオナニーしていたからです。10代の男子にとって自慰行為を親に見られるのは最も恥ずかしいことですから、見つからないようにサッサと済ませていた人も多いでしょう。それが大人になった現在でも習慣として残っている可能性があります。

もう1つは、オナニーに対する罪悪感です。自慰行為に対して後ろめたい気持ちがある人は多いでしょう。後ろめたい気持ちはあるけど、いかんせん性欲は抑えられない。だから、サッサと済ませようとするのです。

・皮オナニー

皮オナニーとは、ペニスの皮で亀頭を刺激するオナニーです。ペニスで一番敏感な部分は亀頭であり、普段からここを鍛えなければ早濡は改善しません。皮オナニーだと亀頭は直接的には刺激されないので、良くないのです。

また、包茎の場合、皮オナニーばかりやっていると、包茎が治らない可能性もあります。そして、包茎だと早濡になりやすいです。

包茎を治すためにも、皮オナニーは止めた方がいいです。

皮オナニーではなく、しっかりズル剥けにして亀頭オナニーをしましょう。

 

でも、オナニーで早濡を改善することもあります。これから、普段からできる早濡対策として持続力の上がるオナニー方法を伝授!

・亀頭オナニー

早濡の対策に重要なのが、亀頭を刺激に慣れさせること重要。皮オナニーしている方はまずこのオナニー方法を実践してみましょう。

はじめはむず痒かったり、痛みを感じることがありますが、激しくこすらなければ大丈夫。

どうしてもできないという方は、ローションなどを使ってゆっくりと亀頭を鍛えていきましょう。

しばらく続ければ、むずがゆさも消え、すぐに快感に変わります。

セックスの際にも必要以上の刺激を受けることなく、女性器本来の気持ち良さを感じることができ、射精の衝動をある程度コントロールできるようになります。

・寸止めオナニー

さきほど早抜きは早濡の原因になると言いました。では、どうやったら早く抜くのを止めてオナニーの時間を伸ばせるのでしょうか。

やり方は簡単です。いく直前で射精を我慢することです。いわゆる寸止めオナニーです。射精直前で我慢する → シコシコする → また我慢する・・・を繰り返します。

そうすることで、徐々に射精までの時間が長くなっていきます。軽度の早濡であれば、この方法だけで治るかもしれません。

また、無理に寸止めをすると、精液が膀胱に逆流するリスクがあります。非常に危険です。やるとしても無理をしすぎないように気をつけてください。

・石鹸やローションを使ったオナニー

通常のオナニーだと手やティッシュでおこなうのでカサカサしていてペニスを傷つける恐れがあります。しかし、石鹸やローションを使えば、潤滑油代わりになってくれるので、ペニスを傷つけることなく、トレーニングをおこなうことができます。

また、AV男優のしみけんによれば、ペニスの内版を石鹸で洗えば早濡が治ると言っています。ペニスを清潔に保つ意味でも、石鹸を使うのが良いのだそうです。

人気遅延スプレー―2H&2D

遅延スプレーは近年人気が非常に高い早漏治療薬の一つです。当ページでは人気な遅延スプレー2H&2Dについてご紹介いたします。早漏から困られている男性たちはぜひこの人気な治療薬をご了解ください!

2H&2Dは1000年の歴史を持ちカンカニクジュヨウや、チョウジエキス、カイメン、ケイヒエキス等の滋養強壮剤で制作されています。芳香健胃薬や強壮剤作用の漢方薬も入ております。数種の病原性細菌や真菌に対する殺菌力にもれ優れています。精力減退での早漏などに対して効果が優れています。早漏を根本的に改善することができます。

2H&2Dの主要成分は水、BG、チョウジエキス、カイメン溶解質液、シスタンチェツブロサ根エキス、ケイヒエキス、メチルパラベンなどがあり、早漏改善、勃起力改善には非常に有効的なのです。しかも服用方法も簡単で、セックスの1時間から30分前にお肌になじませるように数回、局部周辺にスプレーするだけでいいです。

では、2H&2Dの実効果を使用者からの口コミ投稿を通じて、了解しましょう!

30代 男性

安く、早く購入できてよかったです。効き目は人それぞれでしょうが、僕には確か効果があります。またリピなんです。

40代 男性

勃起力上がりました。飲むと2時間後にムクムクっとムスコが元気になりました!まるで若返しですね!

30代 男性

凄いギンギンでした!!!!風俗行って、2回戦までしちゃった。非常に満足です!

50代 男性

とてもよくて、満足でした。また今度買いたいと思います。効果には非常に感心しております!

早漏を早めに完治できる方法とは?

早漏というのは夫婦生活に対して非常に大きな影響があるでしょう。では早漏を早めに治療できる方法とは何でしょうか。どうぞ当ページでご紹介する早漏完治できる治療法方法を利用し、挿入時間をアップさせて理想のセックスライフを手にれましょう!

じつは、様々な早漏治療方法の中に、一番有効的なのは、精力剤を利用することでしょう。以下の内容は、今一番早漏治療に効果がある医薬品をご紹介いたします。

まずは、マース(Mars)についてご紹介します。マース(Mars) 大人気の早漏防止スプレーは杜仲等の天然植物抽出物により制作され、安全性高い、即効性あり、数分後で効きます。遅延効果の他に潤滑剤としてもよく使われています。

とくにマース(Mars)は天然植物抽出物によって制作され、敏感のペニス肌にも優しいし、アレルギーしやすい体質にも使用することができます。更にマース(Mars)は普通の早漏防止商品の使用後の麻痺感は一切なし、性生活のレベルを段階アップさせます。

使用方法も簡単で、セックスの3-5分程前にマースを性器に塗ることだけでいいです。

二つ目の薬品は、ブルーエンジンをご紹介いたします。ブルーエンジンはファクター、タンニン酸、高麗人参、金銀の草の根などの成分があり、勃起改善、性機能障害改善には非常に効果的なのです。

使用方法も便利で、セックス前に30~60分で1カプセルを服用して、7-8日一回を服用すればいいです。中老年者は一時間前に服用したほうが大丈夫だということです。

ただし、以上の二つの医薬品は全部効果効能については個人差がございます。合わない場合は直ちに利用を中止し、医師に相談してください。

男性の悩み早漏

早漏は男性たちに対して非常に気まずい悩みとは言えるでしょう。当サイトでは、簡単な言葉で早漏の基本情報についてご紹介いたします。早漏を完全了解してから、完全治療しましょう。

女性によって求める持続時間が違いますから、どの程度が早漏なのかは一概には言い切れません。しかし、挿入した瞬間に射精してしまうような状態は、早漏といわざるを得ないでしょう。

今の日本の早漏の実態どうなっていますか?

日本では最近30代になってくると、割りと多くの男性がセックスの悩みとして早漏を経験しているようですね。パートナーの女性を満足させないうちに、射精してしまいました。早漏は以前中高年に多い症状だといわれていましたが、最近では20代や30代の方にもみられるようになってきました。若年層でも深刻化しています。早漏の実態を理解するためにまず早漏の原因を考えましょう!

PE(早漏症)やED(勃起不全)だけでなくAGA(男性型脱毛症)などを中心に男性の悩みを解決してくれる男性専門のクリニックは早漏や勃起不全など相談しにくい性の悩みを解決するのに非常に重宝です。早漏を本気で治したい方にとっては医師に相談したいところですが、なかなか早漏専門で診療を行っている医院は少ないですし、そもそも恥ずかしくて相談に行けないというケースもあるでしょう。

ではどういった方法で早漏を治療するかですが、少し前まではカウンセリングや一部の坑うつ剤の使用や陰茎そのものへ外科手術を施すなどの方法が取られてきました。しかし、フルオキセチン、セルトラリンなどの抗うつ剤による治療には副作用のリスクがあり、陰茎への手術も費用が高かったりと、なかなか適正な治療方法というものが確立されてこなかったというのが実情でした。 しかし近年、早漏に対して特異的な効果をもつ抗うつ早漏防止薬が開発され、発売されたのです。早漏防止薬を使った臨床実験で、性交の時間が服用時には3分余り伸びたという報告があり、早漏改善に対し高い効果が認められています。

出典:http://milethreedist.com/nayami.html