早濡とは・原因・治し方|早濡防止薬販売

早濡とは
早濡とはセックスをする時に、男性側がすぐに射精してしまう状態を言います。英語ではPEとも呼ばれるこの状態は、自分で射精のタイミングを調整する事ができません。射精までの時間はそもそも個人差があるので、何分以内であれば早濡かという様な定義は出来ませんが、とりあえずパートナーがオーガズムを迎える前にあまりにも早い時点で射精してしまう事を言います。その原因としては人それぞれで違いますが、大きくは2つに分ける事が出来ます。

早濡の原因
早濡 まず一つは精神的な物です。ストレスや心配事、さらにセックス自体に対して抵抗やトラウマ等がある場合、どうしてもすぐに射精してしまう事があります。この場合は、原因となっている物を取り除く事が重要です。
また短時間でのオナニー慣れも原因の1つで、周囲に気付かれないために射精を早める行為が、自律神経の交感神経を強く働かせてしまい射精してしまうのです。もう一つは肉体的な物です。
日本人男性の約6割が包茎とも呼ばれていますが、実はこの包皮が亀頭に被ったままの状態というのは、日常的に亀頭が刺激をほとんど受けないとも言えます。その為、仮性包茎であれば包皮を剥いて挿入する事が出来るのですが、普段刺激になれていない亀頭が女性器とこすれてその刺激に耐えられなくなって射精してしまう事があるのです。この場合は、まず包茎であればそれを治療する事が効果的な方法と言えます。包茎治療には器具を使う方法、包皮が剥けている癖を付ける方法、そして外科的な手術を受けるという大きくは3つの方法が有りますが
、どれを選ぶかは個人の自由です。最も確実な方法は、3つ目の外科的な手術、つまり包茎手術を受けて余分な包皮を取り除くものとなります。
ただ、早濡は一つの原因だけで起きている時も有りますが、様々な要因が複雑に絡み合っている事も少なくありません。また本人が悩み過ぎるとよりその状態が悪化してしまう事も有ります。従って、特定のパートナーがいる場合は、まずは一人で悩むのではなくパートナーとその悩みを共有し、お互いに理解するのが重要です。

早濡治し方
医薬品で早濡防止
またカウンセリングを受ける、心療内科で診てもらう等も時には必要となる事があります。
ただ病院にはなかなか行けないという時などは、それを改善するグッズや医薬品の利用も可能です。
局部麻酔のリドカインは、早濡改善の代表的なクリームですが、セックス前に亀頭へ塗る事で局部を鈍感にさせ性的刺激に耐えられる医薬品です。また服用するポゼットは、射精の指令を出す自律神経を鈍らせる事でセックスの挿入時間が3?4倍に伸びる早濡防止薬です。
このように海外ではセックスが開放的なため、様々な早濡改善薬が販売されていますが、日本はセックス閉鎖的で且つ薬事法が厳しいためにアナログ的な改善策が一般的です。
とはいえ、医薬品の場合は体の中に取り入れる物になるので、安全性には注意が必要です。

早濡防止方法(スクイーズ法)
早濡で悩む人に、最も手軽で最も有効的な治療法だとされているのがスクイーズ法という早濡防止法です。
スクイーズ法は道具も何も使わずに、さらに自分一人でできる方法なので、いつでもどこでも実施が可能なのです。スクイーズ法の手順はとてもシンプルで、手で射精寸前までペニスを刺激します。そして射精しそうになったら亀頭を押さえつけて射精を止めてしまうのです。

>> 早漏防止薬通販
押さえつける場所は最初はわかりにくいかもしれませんが、慣れていくうちにわかるようになるでしょう。
これを幾度となく繰り返すことで、早濡防止につながっていきます。この方法はイギリスで開発された方法で、幾度となく臨床実験を行った結果95%の人が効果を実感できたという効果の高い方法です。この方法さえマスターすれば、早濡を改善することも夢ではありません。パートナーに手伝ってもらうことでより高い効果が得られるという報告もあるので、パートナーに手伝ってもらえるという人は、二人で協力して改善に取り組んでいきましょう。

早漏効果があるED薬

早漏防止薬の種類は様々です。実は早漏効果があるED薬があります。

シアリス
シアリスの成分はタダラフィルです。発売以来、世界100ヵ国以上で1,000万人以上の患者さんに使用されています。

レビトラ
レビトラは004年4月に製造販売が許可されました。勃起不全対策として、安全です。